25歳から糖尿病と15年以上の付き合いに

若くても糖尿病になる

もう発症したのは20年ほど前になるのですが、私は炭酸飲料が好きで毎日ガブ飲みしていました

 

そんな生活を続けていくうちに、最初はなんとなくだるいと感じる日が続き、体重も落ち始めましたが、夏バテだろうと思い野菜系のジュースで栄養を補給する程度のことをしていました。

 

また、この頃から徐々に小便の間隔が短くなったのですが、飲み物ばかり飲むからだと気にしませんでした。

 

そんなある日、トイレに入ると床がベタベタしているのに気づきます。ここに来てようやく、「あれ?糖尿病か?」と疑念を持ちました。

 

この時点で小便の間隔は10分おきで熟睡もできません。

 

こうしてようやく病院に通い始める事となりました。

 

最終的な血糖値は正常値の3倍を超えており、体重は30kg以上減少していました。

 

服薬で正常値まで落とす事に成功して、病院に行かなくなってしまったのですが、糖分の入った飲み物は一切飲まない、お菓子を一切食べない、と、この2つを徹底して正常値をキープしてきました。

 

お酒に関しては普段飲みませんのであまり気にしませんが、飲まないに越した事はないかと思います。

 

キープはしてきたのですが、昨年末、一本くらいはいいだろうと炭酸飲料を飲んでしまい、再び血糖値が上昇し現在通院する日々となっております。

 

下がったからと油断してはいけないという教訓ですね。


糖質や血糖値が気になる方におすすめ!

サラシアプラス